FXの仕組みを知ろう

FXの売買差益で得られる利益の仕組みについて

FXで利益を得る仕組みには2種類あります。まず1つ目は通貨の値動きによる売買差益で利益を得るキャピタルゲインがあります。そして2つ目は通貨間の金利差によるスワップポイントを得るインカムゲインです。
キャピタルゲインでは安く買って高く売ることが利益になります。または、高く売って安く買い戻します。例えば、ドル円が100円の時に10枚の買いポジションを取ったとしましょう。その後、ドル円が110円になったところで持っている10枚のポジションを売ったとします。
すると、10枚持っていたポジションが10円動いたので利益が100万円ということになります。このように得られるのがキャピタルゲインです。キャピタルゲインでは大きい利益を短い期間で得ることが可能です。

FXのスワップポイントで得られる利益の仕組みについて

インカムゲインでは金利の高い通貨を金利の安い通貨で買うことで得ることができます。通貨間の金利差が大きいほどスワップポイントも大きくなり、貰える利益も増えます。逆に金利の安い通貨を金利の高い通貨で買うとスワップポイントを払わなければいけないので、注意が必要です。
例えば、金利の安い円で金利の高いオーストラリアドルを買ったとします。この時には、オーストラリアドル円の買いポジションを持っていることになります。そうすると、日ごとにスワップポイントが自分の口座に入ってくることになります。
スワップポイントは継続して利益を得ることができるので、長期投資に向いています。スワップポイントを得られるポジションを保有しているだけで利益が継続して得られるので、お得な方法といえます。